« 秋の空 | トップページ | 花嫁衣裳 »

2014年9月19日 (金)

サプライズプレゼント♪

生徒作品(スタイルブーケ)

今週のレッスンも素敵な秋の野草が揃いました。
ナチュラルな田園風ブーケ、少量の花材でポリュームを付けて野摘みしたように束ねます。
大きくなると手元に荷重が掛かり安定し辛く、皆さん苦戦されました。
でも、仕上がりは皆さん満足顔。
秋の野草ならではのブーケ。
今月までですよ、挑戦お待ちしております(*^_^*)

明日から、式の準備に入ります。
ブログで白無垢は着ない事を書いていると、師匠(スタジオグレース)から電話が。
なんと、白をイメージしてブーケを用意して頂いているとのこと。
伺っていると、色打掛でもとても映えるような素敵な色合い。
嬉しいです(*^_^*)
実は、前日に花の準備をするためブーケまで手が回りそうになく、諦めていたのです。
どうせ着物だし、なんて言い訳をして。
今から届くのが待ち遠しいです♪
そして、「ちゃんとエステしてネイルして、付けまつげして、自分に磨きかけてね」って。
そういえば、何もしてなかった・・・汗。
自身に手を掛けない性分、ちょっと反省です。
目元はこのままとして(諦めてる?)、お肌くらいは整えておきます。
でも・・・
自身は念願の着物を着ることと、好き勝手に作れる花に、気持ちが盛り上がっているばかり。
写真写りは二の次でした。
顔よりも、花や後姿、雰囲気に期待している私なのです(^_^)

~~~~~~~~~~
はるには困りました・・・(>_<)
二階で掃除をしている隙に、やられましたよ。
登らないよう躾けている机に置いていたレッスンの花、見事に遊んでボロボロにしてしまいました(T_T)
猫の大好きなイネ科、レッドフォックス。
無残なくらいにバラバラです(T_T)
慌てて花を組み直すことに。
でも・・・
どんなに怒っても、当の本人は反省の色なしです。
怒られることに警戒するだけで、しばらく私から逃げて、洗濯機下に隠れてしまいました。
本能ですから仕方ないですね(溜息)
おまけにまだ子供、好奇心が余計に駆り立てるのでしょう。
洗濯機下から目を合わせないようにするはるに、優しい声で話しかけると出てきてくれました。
はるには、まだ難しいことですね。
怒り過ぎて悪かったこと、警戒が足りなかった事、反省です。
まだまだ手の掛かる子猫です。

冷蔵庫上のはる

 

申し訳ありませんっ、励ましのポチッのご協力どうぞよろしくお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ    趣味ぶろ フラワーアレンジメント教室ブログランキングへ

―――レッスンのご案内―――

レッスン日程は、ホームページのレッスン日程表をご覧ください。
レッスンは、9月20日(土)・21日(日)・25日(木)・26日(金)は休講いたします。
営業は、9月21日(日)~23日(火)は夏季休業致します

|

« 秋の空 | トップページ | 花嫁衣裳 »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

きっと可愛らしい素敵な花嫁さんになりますね

色打掛にブーケ♡

素敵です

幸子さんの素直な気持ちが伝わります

そうですねえ

嬉しい気持ちと今までの想いに寂しい気持ちと

でも前を向いて幸せになることが一番です

私も少し見習って 色々なお誘いには思い切って出かけてみようと思ってます

大切な想いはずっと持ち続けながらも…

投稿: 花紅柳緑 | 2014年9月19日 (金) 19時00分

こんばんは。

はるちゃん、冷蔵庫の上でしょうか?上から見下ろしつつ
なんとも言えない顔をしてますね(笑)


猫は色々なものに興味を持ちますよね。
うちの猫達は宅急便の段ボールには中に何が入ってるのか
興味津々で、いつも角を囓ったり、開封すると中に入ります。

猫にいじられたくない物は猫が触れない場所や部屋に避難させておくしかないですね。
犬と違って高いところでもジャンプして登りますしね。


子猫時代に僕自身がやらかした大失敗がありまして、
あるとき深夜、僕の睡眠中にレーズン入りのコッペパンを食べられたんです…。
レーズンは犬猫には有害で食べると死ぬこともあるそうです。
ちゃんと警戒して片付けてなかった自分が悪いのですが、普段登らないテーブルに登り
猫の餌ではない人間のパンを袋を破って食べるとは想像もしてなかったので…。
起床後に破られ空になった袋を発見し手に取り、猫に見せて叱りました。
猫に対して「なんでこんなのを食べた!」「毒を飲み込んでしまうなんて!」
というような怒りが込み上げてきました。


朝、獣医さんの開院時間を待ち、電話してそれを伝えたところ
「発作の症状が出てるなら、もう出ています。今なんともないなら特に心配することも
ありませんが、もし異常が起きたらすぐに連れてきてください」と言われました。
幸い食べたレーズンの量が少なかったのか、以後何ともありませんでしたが。
その経験からかなり反省して、猫の方を怒るのではなく、猫は悪いものかどうなのか
自分では判断は出来ないので、そういったものはこちら側で注意して猫が触れないようにしようと。

過去に犬を2匹飼ってたことがありましたが、猫に犬と同じような躾をするは難しいですね。
犬は怒られるとよく覚えていますが、猫は自分でやったことが怖かったりビックリしたりなど
嫌な思いをした場合のみ近寄らないとか触らないようになるという感じですね。


でも案外言葉は覚えるようでダメなものは「ダメ」と言いながら引き離すと
執着しないで諦めてくれるようにはなりますね。

「ダメ」以外で言葉で一番反応するのは「ご飯」です(笑)

投稿: S | 2014年9月20日 (土) 00時24分

花紅柳緑さん、返事が遅くなり申し訳ありませんm(__)m

無事、式を終えることが出来ました。
色々複雑な思いがよぎりましたね。
辛い別れが無ければ、この縁は無かった・・・
おめでとう、その言葉よりも、掴んだ幸せを大切にと言う言葉の方がしっくりきます。
後ろを振り向かず、前だけ見て歩こう、それが生きることへの力になる。
振り返りはいつでもできるのだから、人生の終わりが近付く頃まで蓋をしておくことにします(^_^)

投稿: 吉岡さちこ | 2014年9月24日 (水) 10時39分

Sさん、返事が遅くなり申し訳ありませんm(__)m

冷蔵庫上、今のお気に入りなのです。
冬は定位置になりそうですね(^_^)

ほんとう、小さな空間が大好きですね。
はるはランドセルの中に潜りましたよ。
ただし、これは娘にとって格好の楽しみになり、蓋され背負われて大変な目に。
その後は好まざる空間になっています。

Sさんの猫ちゃん、大事に至らなくて良かったですね。
その通りで、懲りないといくらでも突き進んでしまいます。
おまけに知恵を付けて、目を盗んでしてしまう(>_<)
こちらも、怒り方に知恵を付けないと仕方ないです。
子育てと同じ、私の意に添わすのではなく、相手の性質を理解してこちらも努力をする。
面倒ですが、ほんとう怒っても仕方ないですからね。
ただ、娘と違って言葉で反撃してこないから、怒りが直ぐ治まりまるところは、やりやすいです(*^_^*)

投稿: 吉岡さちこ | 2014年9月24日 (水) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149701/60341505

この記事へのトラックバック一覧です: サプライズプレゼント♪:

« 秋の空 | トップページ | 花嫁衣裳 »